肩甲骨ストレッチがダイエットに効くのはなぜ?

肩甲骨ストレッチがダイエットに効くのには、ちゃんと理由があります。それは、背中は、体の中でも筋肉の種類・量ともに多い箇所であり、肩甲骨を中心としたストレッチが効果的だからです。

 

皆様は、いまや、懐かしキャラになったボブ・サップを覚えていますか?彼は、一日に6回も食事をしていたそうです、いえ、彼が食いしん坊だからではありませんよ。実は、彼の肉体は殆ど筋肉で占められています。

 

ですから、食べてカロリーを補給しないと、どんどん筋肉が痩せてしまうのです。彼ばかりでなく、多くの巨体プロレスラーに取っては、食べる事が仕事の内なのは、そういう理由からなのです。ですから、彼等は、嫌でも食べなければいけないという、ダイエットに悩んでいる人から見れば羨ましい事になっているのですね。

 

 

肩甲骨周辺の複数の筋肉を動かす事により、代謝を上げる、これが上手くゆけば普通に食べても体重が維持できるわけです。それに、肩甲骨周辺が硬いという事は、他の体の筋肉も硬くなっている事が考えられます。

 

筋肉が硬くなると、血行が阻害されます、血液には、老廃物も溶けていますから、その流れが停滞すると代謝が落ちるのです。それに、全身の筋肉のバランスが、崩れてしまうと姿勢にも影響が現れてきます。

 

 

それは、猫背のような、体型の変化になって現れます。たかが、猫背と侮ってはいけませんよ、猫背は、体を前屈みにして、内臓を圧迫します。それが続くと、胃腸などの消化器に負担を掛けて内臓疾患を引き起こす恐れがあるのです。

 

それに、前屈みの姿勢は、女性の場合、バストの位置を下げてしまい、乳房が垂れてしまうというプロポーションの問題も起こします。

 

 

実は、肩甲骨は、背骨を通じて骨盤とも連動しています。つまり、全身の骨に影響を与える骨が肩甲骨なのです、ですから、肩甲骨をスムーズに動かせれば姿勢を正す事が出来ます。

 

姿勢を正す事で、内臓疾患のリスクを抑え、ダイエットにも繋がるのですから、肩甲骨は凄い骨なのです。