「なかなか成果が出ない・・・」そんな体に内側からダイエットをサポート!!

ファンケルの大人のカロリミット(

体調不良も予防する?!骨盤ダイエットの基本!

骨盤ダイエットは、体のずれや歪みを正す為の、5つの基本体操です。骨盤は、背骨を支える人体の要です、これが歪むと、あらゆる肉体の不調が出現します。下記に挙げたのは、その体の不調の一例です。

 

・ 内臓の働きが低下する。
・ 下腹が出て、姿勢が悪くなる。
・ 血流が悪くなり、代謝が低下する。
・ 冷え性、生理痛、腰痛、肩コリの原因になる。

 

日常生活の上での何気ない習慣が、こうした体の歪み、そして慢性的な病気へ繋がります。そこで、必要になるのが、骨盤ダイエットです、骨盤は、全ての骨の要です。この骨盤の歪みを矯正する事により、これらの病気を予防する事が出来るのです。

 

 

骨盤ダイエットの基本的な方法

 

では、骨盤ダイエットの基本的な動きを紹介いたしましょう。

 

1 骨盤左右回し体操

足を開きます、間隔は肩幅がベストです、両手は腰におき大きく右へ旋回します。
同じ要領で、腰を大きく左に回します、左右とも10回ずつ1セットです。

 

2 上半身を前後に倒す

足を肩幅に開き、上半身をゆっくり前に倒します。
体を起こして、腰に両手を当て、上体をゆっくり後ろにそらします。
この前屈と後屈を計10回で1セット行います。

 

3 骨盤を左右に押し込む

足を肩幅に開く、大転子(大腿骨上部の丸い突起)の位置に手を当てる。
そして、腰を大きく右方向へ押し、次に腰を左方向に押す。
これも左右交互に、計10回10セット行う。

 

注意点としては、
1腰を倒したときに、上体が前後に倒れない。
2上体は寝かさずシッカリ起こす
3腰以外の部分がブレないように左右に腰を押す。

 

4 太腿前部の筋肉を鍛える

(壁から1m程離れ)両足を揃えてひざまずき、両手をまっすぐ伸ばす。
そのまま壁につけ、右足を立て、両手で壁を強く押します。
そのままの姿勢で、左足のアキレス腱を伸ばしつつ後ろへ出します。
この際に、太腿前部に力が入っている事を確認しましょう。
以後は、この状態を10秒間維持し、終わったら足を変えて左右で1セット行います。

 

5 太腿を同時に鍛える

床に座って左足をまっすぐ前に伸ばします。
右足は、ヒザを曲げて右に倒し、左手を倒した右足のヒザ部分に添えます。
左手は右足を床につけるように押し、右足はひざを起こすように押します。
約5秒間、強く押し合ったら力を抜き、これを左右で5〜10回繰り返し1セット行う。

 

 

以上が、骨盤ダイエットの基本の流れです、無理をせずに、15分程度の時間を掛けて行って下さい。